現在WordPressテーマとサイト設計を見直しています。サイト内に未整備箇所がありますが、ご了承ください。

キビレ?ヘダイ?クロコショウダイ?いえいえ、ヒゲソリダイです。(千葉県飯岡漁港 梅花丸釣行)

そうめい
え?何この魚???

先日行ってきた梅花丸さん(千葉県飯岡漁港)のひとつテンヤ真鯛

釣果は合計6匹と楽しめたのですが、帰ってきて捌こうとしたときに見慣れない魚が一匹。

ヒゲソリダイ

ん?なんの魚だこれ???

 

沖上がりの時間も迫って薄暗くなってきて釣り上げた一匹で、釣り上げたときは「コショウダイ」かなと思ってました。

コショウダイ
コショウダイ

帰ってきてから調べたら、模様が違うのでコショウダイではないことが判明。

 

じゃあ、ヒレが黄色っぽいので「キビレ」かな?

キビレ
キビレ

 

もしくはキビレとよく比較される「ヘダイ」かな?

ヘダイ
ヘダイ

 

顔の形状的にキビレっぽいぞ。

ということでキビレに落ち着きそうになったのですが、よくよく見ると背びれ・尾びれの形が違うし、腹びれも黄色くない。

ヒゲソリダイ
???
キビレ
キビレ
そうめい
うーん、なんだこの魚???

とりあえずエラと内臓の処理だけ済ませましたが、なんだかけっこう磯臭い・・・。

大丈夫かな、食べられるのかな、これ???
毒魚だったりしない・・・?💦

 

気になって調べ続けていると「クロコショウダイ」という魚に行き当たりました。

に、似てる!!

 

↓こちらのサイトで確認しても、そっくり。

釣る前に、食べる前に、クロコショウダイという魚を知ろう!

クロコショウダイは、スズキ目イサキ科コショウダイ属の魚。沿岸浅海の岩礁域やサンゴ礁域周辺の砂底に生息するが、幼魚は河川汽…

一緒に釣りに行ったKさんに聞いてみても「クロコショウダイじゃないか?」とのことで、ほぼ確定の雰囲気になりましたが・・・

 

ひとつ気になるのが

和歌山県、高知県などでも見られたことがあるが、基本的には鹿児島県以南に生息する。

という記述。

クロコショウダイはかなり南の海域を生息域とする魚のようです。

でも釣れたのは千葉。

うーん?

温暖化の影響で千葉まで上がってきた?
先日の台風の影響で千葉まで流されてきた?

うーん、ちょっと考えにくいか?

 

「クロコショウダイの味はめちゃくちゃ美味い」とのこの記述もあり、クロコショウダイで確定したいところなんですが、なんかやっぱり違和感があります。

そういえば、背びれの形状も少し違う気がするし、クロコショウダイよりもヒレが黄色っぽい気がする・・・。

ヒゲソリダイ
君は何なんだ??

 

気になって仕方がないので、もうめちゃくちゃ調べました。

その結果でてきたのが「ヒゲソリダイではないか」という記述。

ヒゲソリダイ!?

た、たしかに似てる!!

 

↓こちらのサイトの写真でも超そっくり。

釣る前に、食べる前に、ヒゲソリダイという魚を知ろう!

ヒゲソリダイは、スズキ目イサキ科ヒゲダイ属の魚。 水深90m以浅の沿岸域砂泥底に生息する。…

そうそう、この背びれのかんじ!

生息域も

青森県から熊本県天草の日本海・東シナ海沿岸。神奈川県から九州南岸の太平洋沿岸。
岩手県や宮城県でも見つかっているので、もっと北に生息域を広げていそう。

とのことで、千葉で釣れても不思議じゃない。

 

「下顎にヒゲを刈り揃えたような白いブツブツがある」という特徴も合致。

下処理しているときに「このブツブツなんだろうなー。(寄生虫だったら嫌だなー)」って思ってたので覚えてました。

 

ということで、ヒゲソリダイと同定!

味も「非常に美味」とのこと!やった!

ヒゲソリダイ
/ヒゲソリダイでした\

 

魚種が特定できたので、安心して食べることができました。

ヒゲソリダイの刺身

上段左から、ヒゲソリダイの焼き霜造り、ガンゾウビラメ、マハタ、ハナダイの焼き霜造り。
下段左から、ヒゲソリダイ、ガンゾウビラメ、マハタ、ハナダイ。

 

ヒゲソリダイの刺身

 

心配していた臭みはまったく感じず。
脂ものってとても美味しくいただきました☺

 

\応援クリックお願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

PR
ヒゲソリダイ
最新情報をチェックしよう!