WindowsからMacへ移行する際にソフトが心配だったけど、けっきょく何も問題ありませんでした。

ジョブス

WindowsからMacへの乗り換え記事第3弾です。

第1弾:WindowsからMacBook Airに移行した私の理由
第2弾:MacBook Airと仲良くなるためにWindowsから移行してから最初にやった21の設定など

WindowsマシンからMacBook Airに乗り換えるときに懸念のひとつだったのがソフトのこと。

Windowsで使っているソフトはそのままMacでは使えないので

1.Mac用のものを買い直す
2.他のMac用ソフトを探す
3.クラウドサービスを使う

ということを検討していました。

どうしようかなぁと、しばらくムニャムニャしてたんですが、
「まぁWindowsマシンを捨てるわけじゃないし、必要なときはWindowsを引っ張りだして使おう」
ということにしました。

 

で、結局どうだったのかというと・・・
まったく問題ありませんでした。

というか、Windowsマシンのソフト、ぜんぜん使っておりません(笑)

以下、各ソフトについてどうしているのか書いてみようと思います。

Office系ソフト
MS Office → Googleドライブ

WordやExcelなどのMicrosoft Office。
私はあまり使用頻度は高くないのですが、必ず必要になるソフトです。

「Mac用のOfficeを買うかなぁ・・・」
と思ってたんですが、
まずはGoogleドキュメントGoogleスプレッドシートを使ってみました。

そしたら意外と機能も整っていて、十分使い物になります。
しかもクラウド保存なので、資料の共有や共同編集も簡単です。
むしろ便利!

Googleドライブ

ということで、これを機にOffice系資料はGoogleドライブに移行することにしました。
新規資料はすべてGoogleDrive上で作成。
既存の資料もどんどんGoogleDriveにアップしてクラウド化してます。

プレゼン用資料はMac標準の「Keynote」で作ったりしていますが
これもいずれGoogleプレゼンテーションになるのかなと思ってます。

取引先から届いたOffice系資料も
Macに標準インストールされている「Pages」「Numbers」で閲覧できるので問題無いです。

マインドマップソフト
MindManager → MindMeister

私は頭のなかをまとめたり、新規サイトのサイトマップ案を作成するときに
マインドマップを利用しています。

Windows時代はインストール型のMindManagerを使っていたんですが、
また購入しなおすのもなんだし、時代的にもクラウドものがいいかなーと思ってまして。

それでシリコンバレーに行ったときにチャットワーク社の山本さんが使っていた「MindMeister」というクラウド型マインドマップサービスを使ってみることにしました。

Mindmeister

そしたら、まー、これがいいかんじですね。
GoogleDriveと連携できるのも便利です。

無料で使えるマップ数がちょっと少ないのが淋しいですが
有料版でも大満足してます。

MindMeister公式サイト

画像加工系ソフト
Fireworks → Pixlr Editor

画像加工系は、Win時代はMacromedia社(現Adobe社)のFireworksを使ってました。

ですが、ヘビーユーザーというわけでもなく、
ちょっとした画像加工やバナーが作れればいい、というレベルです。

なのでMac用Fireworksを買うまでもなく・・・。

なにかフリーでいいツールがないかなぁと探していたところ・・・

Pixlr Editor

Pixlr Editorというオンラインツールを発見しました。

オンライン上で無料で使えて、しかもPhotoshopと同じくらいの機能ということで
現在はこちらを採用しています。

Pixlr

会員登録しなくても使えます。

PIXLR公式サイト
画像加工ツールPixlrの使い方一覧

FireAlpaca

もうひとつ。
ダウンロード型の無料のペイントツール「FireAlpaca」です。

Firealpaca

シンプルで使いやすく、動作も軽いです。

Fire Alpaca公式サイト

その他

私は使ってないのですが、有名で高機能なGIMPでもいいんじゃないかと思います。

有名ソフトなので、ネット上にも情報多いし、書籍もたくさん出てるし。

GIMPダウンロードページ

サイト作成ソフト
Dreamweaver → WordPress

Macromedia社(現Adobe社)のDreamweaverを使ってました。
現在はWordPressに移行しています。
(WordPressは、正確には「サイト作成ツール」ではないですが)

というか、Win時代からWordPressは使用していたので「移行」というよりも
・新規サイトはWordPressでしか作らなくなった
・既存サイトも適宜WordPressにリニューアルしている
ということです。

WordPressはサーバー上で動作するので
端末に依存しなくていいのも楽ですね。

最近ではスマホアプリから写真のアップロードもできるので
撮影→アップの連携がスムーズなのがいいですね。

テキストエディタ
秀丸 → メモ / mi / mou

Macに移行してからなにげに困ったのがテキストエディタ。
それまで「秀丸」を使っていたのですが、これのMac版がありませんでした。

Macには「テキストエディット」という標準ソフトがついてますが、これがイマイチ使いづらい。

いろいろ調べたり教えてもらったりしたのが
「mi」「mou」というテキストエディタです。

とは言いつつ、主な用途はアイデアメモやタスク管理なので
もっぱら使っているのは標準の「メモ」アプリですけどね。

iPhoneやiPadでも使えるし、
iCloudで自動的に同期してくれるので非常に重宝しています。

用途によって、ときどきmiやmouを使っているくらいです。

mi公式サイト
mou公式サイト

リネームソフト
リネームくん → Shupapan

大量のファイルの名前変更するリネームソフト。
「リネームくん」というソフトから「Shupapan」に乗り換えました。

Shupapan

Shupapan公式サイト

写真縮小ソフト
縮小専用。 → 縮専AIR

画像を縮小する「縮小専用。」というソフト。
MacにはAdobe AIR版の「縮専AIR」がありました。

縮専AIR

縮専AIR公式サイト

ということで。

WindowsからMacへの乗り換え時には、ソフトについても気になると思います。
買い替えによるコストも気になるところですね。

私の場合は、結局すべてフリーで済み、
クラウド化も進んで便利な環境にすることができました。

ただし、人によって用途や使用頻度は違うと思うので
ここで紹介したソフトでは不便なこともあるかと思います。

デザインの仕事をされている方ならば、やっぱりIllustratorは必要かと思いますし。

あくまで参考として、
ご自身に最適な環境を整えていただけたらと思います。

 

Windows → Mac 乗り換えの関連記事

WindowsからMacBook Airに移行した私の理由
MacBook Airと仲良くなるためにWindowsから移行してから最初にやった21の設定など
MacBook Airのデュアルディスプレイ化をしました。

 

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

そうめい

そうめいです。読んでくれてありがとうございます。 まだいろいろと整備中なブログではありますが、徐々に整えていきますので長い目でみていただけるとありがたいです。 フォローはこちら→ Twitter / Facebook

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です