投票に行ったほうがいいと思う、私の理由。

さてさて。
今日は参議院選挙の投票日ですね。

もう投票いきましたか?

これを書いている今現在、私は日本にいませんが
出国前に期日前投票を行いました。

今回はじめて期日前投票をしましたが
投票日当日とほぼ何も変わらないんですね。

なにかもうちょっと手続きとかあるのかと思ってました(^_^;)

私が投票をオススメする理由

ちょっと話はそれるのですが、
私は人生を幸せに生きる秘訣は
「自分の人生に責任を持つこと」
「自分の人生の舵を自分でとること」

だと思ってます。

自分の人生の舵を握っている人は
「自分の人生は自分でコントロールすることができる」
と思っているので、
愚痴を言ったり、人のせいにすることは少ないですし
幸福な人生を切り開いていくことができます。

 

投票しないということは、
その舵を人任せにすることのような気がして、
私はあんまりおすすめできません。

「信頼できる政治家がいない」
「支持できる政党がない」
「大勢が変わる気がしない」

その気持ちはすごくわかりますが、
かといって参政権を手放すというのは、
自分や家族の未来に大きな影響を与えかねない決定権を
自分は放棄して他人に委ねるということで
自分の人生の舵を明け渡してしまうことのように感じます。

支持できる候補者がいないのなら、
投票用紙に「支持できる人がいません!」と書いて
投票箱に入れてきてはどうでしょうか?
(無効票にはなってしまいますが(^_^;))

まずは自分のために

「選挙は国民の義務だ」
「ひとりひとりが動かないと、国は変わらない」

そういう主張をする人もいますし
それも正しいとは思いますが、

それよりなにより、
「自分の人生に影響を与えるチカラを、自分は持っている」
ということを自分の潜在意識に教えてあげるためにも
『投票』という行為を実行してあげて欲しいと
私は思います。

まずは自分の幸せのために。
ともかく投票所に足を運んで欲しいと思います。

 

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

そうめい

そうめいです。読んでくれてありがとうございます。 まだいろいろと整備中なブログではありますが、徐々に整えていきますので長い目でみていただけるとありがたいです。 フォローはこちら→ Twitter / Facebook

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です