中国広州で買い付け体験をしてきました。

中国広州市で買い付け体験

中国の広州へ行って買い付け体験をしてきました。

一緒に行ってくれたのは珠海在住の友人と
珠海でレストランバーを経営するチャンさん。

チャンさんは日本語ペラペラで
日本人の感覚も理解してくれている感じなので
一緒に行動していてとても安心感があります。

いざ広州へ!

珠海から広州へは高速バスで移動します。
所要時間は2時間半くらい。

中国広州

正確な経路はわかりません(^_^;)

バスの値段は片道75元くらいだったと思います。
(うろ覚えごめんなさい(>_<))

道中の景色

広州へ行く途中の高速道路からは、こんなビルも見えました。
中国広州市
中国ではたまに、こういう「なんじゃこりゃ!?」っていう建物を見たりします。

余談ですが、上海ではまだ建築制限がゆるいらしく
世界中の建築家がいろんなデザインのビルを設計して
建築の実験場のようになっているそうです。

「安全基準とか大丈夫なのかな・・・」
とか思いながら
危うさと裏腹の魅力を感じたりします。

今度は上海も行ってみたいな~

 
広州に近づくにつれ、だんだん大きなビルも増えてきます。
中国広州市

これ全部に人が住んでるのかな??
中国広州市

広州の街並み

曁南大学。バス停留所のひとつです。
中国広州市

広州は北京、上海に次ぐ、中国第三の都市。
もう完全に都会です。
広州

広州

広州

広州

巨大なビルの合間に、ところどころ古い雑居ビルがあったりして
急激な経済成長の跡がうかがえます。
広州

ランチは飲茶

買い付けの前に腹ごしらえ。
ということで飲茶です。
飲茶
カフェテリア方式で好きなものを選びます。全部美味しかった!!
飲茶

広州のホテル

友人がパスポートのページ追加のために
日本領事館のあるホテルに立ち寄りました。

広州ホテル
写真だとゴールドの豪華なイメージですが
全体として上品で落ち着きのある素敵なホテルでした。

マカオのホテルは、レッドやゴールドを前面に押し出していて
「ザ・ゴージャス!!」という感じで
個人的には落ち着かないのですが、
広州のこのホテルはすごく気に入りました。

このホテルの周辺はホントに都会です。
新宿みたいです。

チャンさんに
「ここらへんは広州の中心の街ですか?」
と聞いたところ
「広州はとても広いデスカラ」
と言われました。

広すぎて「中心地」みたいな概念がないのかもしれません(^_^;)

レッツ!買い付け体験!!

それではいよいよ買い付け体験です。

広州は、日本でいうと河童橋のようなイメージなのかな?
いろんなものを買い付けできます。

ですが、ものすごく広いです。
文房具の街、子供服の街、革製品の街、照明の街など
ジャンルによって街が分かれてるみたいです。

街の間を移動するにもタクシーが必要。
一日で回るのは無理ですね。

今回行ったのは文房具の街です。
広州で買い付け

こんな感じで延々とお店が並んでます。
広州で買い付け

お店の中はこんな雰囲気。
広州

品揃え豊富です。
VAI○とか、リンゴのマークとか見えてますが、コピー商品も多いです(^_^;)
広州買付

オシャレなノートもあります。
このノートは1冊13元(≒180円)。仕入れはロット単位(100冊)だそうです。
広州買付

これは1冊7元(≒100円)
広州買付

ちなみに革や模様を選んで
オリジナルのノートを作成することもできます。
買い付け中
おじさんが持っているのは私のノートカバー(布製)ですが
仮にこれを革で作ったら11~15元(≒170~210円)で作れるそうです。
大量発注したら、もっと安くなります。

日本で1500円くらいで買ったのになぁ・・・。

フランフ○ン?

日本のオシャレな雑貨屋さんで見かけるような小物もありました。
広州で買い付け

フラ○フランに行ったら、こういうのいっぱい売ってますね。
広州で買い付け

広州で買い付け

ボールペンとか万年筆とか

ボールペンや万年筆も、
リーズナブルなものから高級なものまでいろいろ売ってます。
広州の万年筆

広州の万年筆

こういうゴッツイ万年筆とかも売ってます。
広州の万年筆

チャンさんがいると交渉がとてもスムーズ。
広州の万年筆

ちょっと疲れたのでお茶を・・・。

いろいろ見て回ってちょっと疲れてしまったので
近くの商業ビルでお茶を。

奥が居住スペース、手前が商業施設ですね。
広州

スタバでひとやすみ。
広州
チャンさん、ピースしてくれてますが、残念ながら逆光~(>_<) スタバでネットをつないで 仕入れのリサーチをしようと思ったんですが 見たいサイトにつながらず・・・。 中国ではこういうことが良くあります(=_=;)

万年筆をお買い上げ

今回は「買い付けプチ体験」ということで
万年筆を2セットだけ仕入れてみました。
買い付け中

店員さんに
「日本からわざわざ来て、なんで2本だけなの?」
と聞かれましたが
「日本(2本)人だからだよ」
と答えておきました(笑)

※今回は視察が目的だからです。

その他

ほかにもいろんなものが売ってます。

バッグもあるし
広州

こういう細かい文具もあるし
広州で買い付け

キャラUSBメモリもあります。(コピー多し)
広州で買い付け

だいたいのものが揃いますね。
なかったら作ってもらっちゃえばいいと思います。

感想

いやー、とにかく広い!

今回は他にも、バッグや靴などの革製品も見て回る予定でしたが
文房具だけで時間が過ぎちゃってアウトでした。

というか、疲れちゃいました(笑)
全部見て回るには、がっつり1週間くらい必要なんじゃないでしょうか。

 

でもなんとなく
ここで仕入れて日本で販売するイメージができました。

原価が驚くほど安い。
日本で売れてるものをリサーチして
ここで仕入れちゃえばいいですね。

 
今回は非常にいい体験ができましたが
完全にチャンさんのおかげです。

場所の事前リサーチや現場での案内・交渉など
いろいろとお世話になりました。

チャンさんがいなかったら
迷子になってうろうろして、なんとなく見ただけで終わっちゃったと思います。

やっぱり現地の人がいるのって心強いですね。
チャンさん、ありがとう!!

 

(参考)
友人が以前広州に行ったときの記事も参考にどうぞ!
中国の広州(こうしゅう)に行ってきました!!!|中国の珠海やマカオの仕事や生活ってどんな感じ?
 

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

そうめい

そうめいです。読んでくれてありがとうございます。 まだいろいろと整備中なブログではありますが、徐々に整えていきますので長い目でみていただけるとありがたいです。 フォローはこちら→ Twitter / Facebook

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です