中国でSIMカードを試してみたよ。(HTC Aria)

中国SIM

中国滞在中、電話連絡ができないと困るので
手持ちのHTC AriaをSIM交換してみました。

いや、ソフトバンクiPhoneを持っているので
海外でも普通に使えるんですけどね。

通話料が高くなっちゃうので、低く抑えるためです。
(SIM交換してみたかっただけともいう)

SIM購入

SIMは、珠海の地下市場で買えます。

地下市場の入り口広場付近には、こういうお店がたくさん並んでます。
中国珠海地下市場
ここでSIMを売ってます。

私が購入したのは150元のSIMカード。
値切ったら簡単に100元(≒1,400円)になりました。

SIMは本体のないプリペイド携帯のようなものです。

購入したのはこれ。
中国SIM
こいつをスマホ端末に差し替えます。

実は最初はGalaxy NexusでSIM交換を行うつもりでした。
Nexusのほうが画面が大きいので、ブラウジングもしやすいので。

ですが交換したときに「PINコード」というものの入力を求められ
「PINコード」がなんなのかわからず、解除できませんでした。

下記のようなサイトも調べたんですが・・・
SIMロック解除したドコモのGALAXYを海外SIMで使おうとする方へ

なにやらめんどくさそうなので、HTC Ariaで使うことにしました(^_^;)

背面カバーをはぎ取り、SIMを差し替えます。
中国SIM
右上のSIMは元々のもの。
大事なのでちゃんとしまっておきましょう。

再起動したら電波のところに「China Unicom」の文字が。
そのまま使えましたー!

実際に使ってみてどんなかんじ?

中国国内通話、日本との国際通話を試してみましたが
かなり良好です。
ストレスに感じることはありませんでした。

友人の話だと
・中国国内でのみ使用可能
・インターネットブラウジングも可能
とのことだったのですが、

実際には
・中国でも香港でも通話可能
・インターネットブラウジングは不可
でした。

いろんなタイプSIMがあるようです。
中国語がわからないので言われるがままに買ってしまいましたが
ちゃんと種類を見極めて買うべきでしたね。

 
ちなみに友人に
「どれくらい使えるの?」
と聞いてみたところ
「ぼくはいまのところ数ヶ月使えてるよ。」
とのこと。

え、まじ!?そんなに使えるの?
しばらく中国行かないつもりなんだけどなぁ・・・。
 

LINEで送る
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

そうめい

そうめいです。読んでくれてありがとうございます。 まだいろいろと整備中なブログではありますが、徐々に整えていきますので長い目でみていただけるとありがたいです。 フォローはこちら→ Twitter / Facebook

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です