シンプルだけど、大きな利益を生むビジネス

日本取引所グループ

1月1日、東京証券取引所グループと大阪証券取引所の経営統合が行なわれ、日本取引所グループが発足しました。
国内1位の東証と国内2位の大証が統合されたことで、アジアで最大、世界でも第3位の証券取引所となります。ビッグですね。

以前、東京証券取引所に見学に行ったことがあります。
起業家仲間で「お金の勉強をしよう!」ということで、日本銀行と東証を見学しました。
いずれも普段見れない場所なのでおもしろいですよ。一度行ってみることをおすすめします。

東証のシンプルな仕組み

東証の見学では、施設内を巡っていろいろな説明をしてくれるのですが、とても印象に残った話がひとつあります。
それは、東証の約定システムのルールについて。

東証の約定システムは、2つのルールで運用されているそうです。
それは、

 1.一番安い売り注文と、一番高い買い注文を約定させる(価格優先の原則)
 2.同じ値段の注文の場合、注文の早い順に約定させる(時間優先の原則)

というもの。(ザラバ方式)

これを聴いたとき、ものすごい衝撃を受けました。

東証の1日の取引高は数百億~数千億円。そこから東証へ手数料が支払われます。おそらく1日数億円の売上。

その膨大な売上を支えるシステムが、たった2つのシンプルなルールに支えてられている。

この事実を知ったとき
「東証、すげぇっっ!!!」
って思いました(笑)

もちろん、これは一番単純化した話だと思います。
実際の運用には、その他のたくさんの部分を考える必要もあります。
システムもかなり複雑なものだと思います。

しかし、その根幹となるアルゴリズムが、美しいまでにシンプルなことに驚きました。
エレガントささえ感じます(笑)

参考)大図解!株の約定のしくみ!

 

シンプルだけど、価値を生む仕組みづくり

最近、輸出入ビジネスを勉強している関係で、よくオークファンを見ているんですが、同じ気持ちになります。

プログラミングをかじった人ならわかると思うんですが、オークファンって難しいことは何もしてないんですよね。

入力された検索キーワードを元に、ヤフオク、楽天オークション、モバオク、ビッダーズなどの落札価格を検索してくるだけ。
おそらくAPIを叩いているだけだと思います。プログラムとしては、その根幹はすごく単純です。ちょっとプログラミングを勉強した人なら、同じようなものを作れちゃうんじゃないでしょうか。

流行っているウェブサービスを見ていると、たまにこういう「上手いなぁ」と思えるサービスに出会います。

難しいことは何もしていない。
でもちゃんとニーズをとらえ、価値を創り出している。

そういうサービスを見るたびに、悔しい気持ちになります(笑)

シンプルだけど、大きな価値を作り出せるもの。
そういう本質を見極めたビジネスを目指していきたいものです。

 

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

About the author:

そうめい

そうめいです。読んでくれてありがとうございます。 まだいろいろと整備中なブログではありますが、徐々に整えていきますので長い目でみていただけるとありがたいです。 フォローはこちら→ Twitter / Facebook

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です